円形脱毛症の治療費に健康保険と医療保険の適用


円形脱毛症.com(トップ)円形脱毛症治療>円形脱毛症の治療費に健康保険と医療保険の適用

円形脱毛症の治療費に健康保険と医療保険の適用

一般的に脱毛症というのは多くが保険診療の対象外となります。AGAや薄毛などは基本的には自然とおこるものなので治療の対象とはならないわけです。そのなかで円形脱毛症は数少ない保険診療となる脱毛症です。

円形脱毛症は健康保険で治療できる?

はい、円形脱毛症は自己免疫疾患によって発生することが多く、老化などが原因でおこるものではありません。いわゆる自己免疫疾患です。そのため、多くのケースで治療費は保険適用となります。

ただし、注意したいのは脱毛症専用のクリニックなどに行く場合です。こうした場合は自由診療扱いとなり、本来なら保険がきく治療も不適用となってしまう場合があります。

そのため、円形脱毛症なのか、別の脱毛症なのかわからないという場合でも、まずは皮膚科で診察を受けることをおすすめします。

選択する治療法によっては自費診療となる場合もあります。このあたりはお医者さんから説明を受けてください。

 

健康保険がきくとどうなる?

健康保険の適用となると治療費や薬代が3割の自己負担で治療できるようになります。継続的な治療が必要になる場合はこうした費用が少なくて済むのはうれしいですね。

なお、健康保険には「国保(国民健康保険)」と「健保(健康保険組合)」の2種類がありますが、どちらも基本的には同じです。

ただし、大企業などの健康保険組合の場合、保障がより手厚い場合もあります。

参考: 同じ社会保険(健康保険)でも違う?協会けんぽと健康保険組合の違い

 

医療用のかつら(ウィッグ)の扱いはどうなる?

医療用のカツラについては、治療上に必要なものではないため、保険対象外となります。

 

なお、円形脱毛症の治療を含む、年間の医療費が10万円を超えた場合は「医療費控除」という税制上の優遇が受けられる場合もあります。

詳しくは「円形脱毛症の治療費と医療費控除(所得控除)」の記事をご覧ください。