円形脱毛症の治療費と医療費控除(所得控除)


円形脱毛症.com(トップ)円形脱毛症治療>円形脱毛症の治療費と医療費控除(所得控除)

円形脱毛症の治療費と医療費控除(所得控除)

円形脱毛症の治療費やその他の治療費が年間10万円を超えた場合、医療費控除という税制上の優遇(所得控除)を受けることができます。治療が長期化した場合や、他の病気やケガの治療(家族を含む)があった場合は、忘れずに確定申告をしましょう。

医療費控除とは何か?

医療費控除とは、年間に10万円を超える医療費が、一世帯でかかった場合に、それを超えた金額を所得控除することができるという税制上の優遇措置となります。

医療費控除については「医療費を払いすぎたら医療費控除」などが参考になるかと思います。

この医療費控除は円形脱毛症の治療費も含めることができます。

 

1世帯で考えるので家族の治療費も含む

医療費控除はその年(1月1日〜12月31日)にかかった医療費の総額を考えます。

単位は生計を一にする人となっているため、自分だけでなく家族の治療費も合算することができます。生計を一にするという考えは色々出てきますが「生計を一にする、同一生計の基準、定義、目安は何か?」で詳しく解説されています。

多くの方が考えるよりも範囲が広いので、知っておくとお得(?)です。